なにげない日常を生きる。 でもワンダーに満ちている?                                                    大阪天神橋SessionRoom Silver Moonの主の個人ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop
Silver Moon
今日で11月も終わり…。

これから寒さも一層厳しくなることでしょう。


CIMG0636.jpg


吐く息が白くなる頃、

そんな夜に浮かぶ月明かりの下は、

明晰性が与えられるようで、
子供の頃から好きでした。

安心して自分の深みの中で安らげ、
そして、闇の向こうにある“何か”と、
自分の内側でも、そして外側でも触れあえるようで…。


闇の中の聞こえない“音”を聞くのが好きでした。


“Silver Moon”の名前はそこから生まれました。




スポンサーサイト
【2010/11/30 Tue】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop
これまでの道のり 4
『道のり』のお話の続きの続きの続きになります。
(カテゴリ:自己紹介)

いったん離れた業界を外から眺める時期が続きました。

フツーに仕事をして、お友達との生活を楽しんで・・・、
あんまりめんどくさいこと考えず、
そうして暮らしておりました。

とても、いい時期だったと思います。
そうやって離れてみて分かること、ありますよね?
一人暮らししてみて、親のありがたみ、一人の気楽さが分かる、とか、
海外で暮らしてみて、日本の良さ、問題点が分かる、とか。
いろいろ。

そうして、人間を含む宇宙にしか興味を持てない事に気づきました。

できるところから始めよう!

そうしてふと浮かんだんのが、タロットでした。

また再び一から『師匠』について習い始めました。
そうしたら、これが実に面白い!
こんなに奥深く、興味深く、また面白いものだと知りませんでした。

やっぱり時期ってあるんですよね。
昔もやっていたはずなんですが、その時はセラピーの事で頭がいっぱい。
面白さに気づくことはありませんでした。

タロットを理解するために、数秘学、占星学、そして
今オーラソーマにまで辿り着きました。

このオーラソーマと出会うことで、再び私の人生は大きく動き始めます。
オーラソーマも以前から知っていたんですよ。
でも、私の準備が出来ていなくて、受け取ることができませんでした。

バイオシンセシスをやっている頃の私は、とても真面目に誠実に生きていたと
自分で言うのもなんですが、思っています。
でも、人生を楽しむことは知りませんでした。 CIMG0156.jpg

セラピーをやっている頃の私は、
“自分”に対するこだわりが強すぎて、
一人でがんばって生きていたような気がします。

タロットを通じ、スピリチュアルなものに触れる新たな旅は、
道に花が咲いてくれることを教えてくれ、
横に、友がいることを教えてくれ、
また、私の前に道があるこを教えてくれるようです。

膨大な長い歴史を持つ、タロットや占星学や数秘学。
古代の天才と呼ばれる人々が考え抜き、
そして、迫害を受ける時代でさえも、学びを受けた人々は
命をかけて絶えることなく、現代まで伝えた学問です。
現代の科学に照らせば、おかしな事がいっぱいでも、
やはり、そこになにがしかの真理があったからこそ、
今に伝わっているのではないでしょうか?

今まだ、タロットとセラピーが私の活動の上では分離しています。
でも、これは夢ですが、いつかはすべてを融合したいと
欲張って今後策略を練って行きたいと思っています。

だから、未来予知目的の“占い”としてだけのタロットは
本来使い方としてはもったいないです。

でも、基本的には難しい事考えず、ご利用下さい。

“占い”ですから♪



テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2010/07/23 Fri】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop
これまでの道のり 3
『道のり』のお話しの続きの続きです。
(カテゴリ:自己紹介)

・・・というお話しからも、分かるように、
私のタロットのベースには、心理学的要素がかなり流れています。

しかし、古代の叡智をベースに持つタロットは、
現代の心理学的要素を含み、そして超える部分があると感じます。
そいういう意味では、心理学的な考え方からさらに視野を広げ、
タロットを含め、物事の在りようを理解する学びを続けているように思います。 


OHカードと出会っても、
その当時の私の進路は『セラピスト』希望でしたし、 
実際、バイオシンセシスのワークをしていた時代もありました。

バイオシンセシスのワークは、
様々な心理学的アプローチを取り入れた技法です。
例えば、バイオエナジェティックス、ゲシュタルトセラピー、
フォーカシング、カウンセリング、アートセラピー、
マッサージやメディテーションに至るまで・・・。
感情の解放や、運動機能の解放も行うため、 とてもからだを使うものです。

対クライアントさんに対しては、ちょっと体格不足を感じていました。
現実面では、ワークを行う場所の確保が大変なものでした。
(ワーク:バイオシンセシスのセッションを行うこと)

それで、ボディーワークやエネルギーを扱うコアエナジーワークなど、
いろいろ『癒し』に関わりたいという気持ちを表現でき、
なおかつ、自分に出来る方法を模索していました。
この頃から、タロットを習い始めていました。

けれど、肝心要の、『癒える・癒される』とはどういうことか?
という問いかけに対する答えがその時見つかっていませんでした。
それは、自分の中で自分に対する問いかけでありました。
セラピストは時として、クライアントの導き手となる場面もありえります。
そうした時、その場面で立ちすくんでしまうのでした。

要するに、自分が悩んでいただけなんだと、今なら理解できますけどね

このように、自分の中に未消化の問題があると、
自分と他人の問題を分けて考えることが難しさ(投影)はセラピーを行う事を難しくします。
ただ、テーマが大きかったため、長くこの業界にいて、
まわりもセラピーやヒーリングのことばかりを話す人達に囲まれ、
逆に出口が見えない状態だったような気がします。

それ以外でも、私は基本“受けやすい”体質なため、ボディーワークはちょっと・・・。
そして、コアエナジーワークはいいものでしたが、
当時の私にはスピリチュアル過ぎてついていけませんでした。
ただ、今その知識は有益で、『人生無駄なものはない』
んだなぁ~と思っています。

当時、お世話になっていた先が規模を縮小されるような事になったのと、
ちょっとした、“出会い”もございまして、
いったん、私はこの業界から遠ざかることにしました。
CIMG0167.jpg

つづく



テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2010/07/16 Fri】 | 自己紹介 | ↑PageTop
これまでの道のり 2
『道のり』のお話しの続きです。 
(カテゴリ:自己紹介)

ボディサイコセラピーを習う中で、
その他にも様々な、セラピーやヒーリングを受けていました。
どれも、馴染みのない私には新鮮で、驚きに満ちたものでした。

そんな中で「OHカード」と出会いました。

これですね。   oh-card.jpg

心理学、特にユングの夢分析の影響を色濃く感じます。

様々な絵のカードと文字のカードで構成されていて、
実際、ここではお見せできないような絵柄のカードもあるんですよ
    
使い方は様々です。

私がしていたのは・・・

まず、自分のどんなテーマを、カードを通して対話したいのか決めます。
それが決まれば・・・

絵のカード、文字のカードをそれぞれ裏返しにした状態で広げ、
気になるカードを左手で引きます。

先に絵のカードを引き、そこから浮かぶ言葉やイメージを話します。
次に、文字のカードを引き、また同じように・・・。
そして、絵のカードと文字のカードを重ねて、さらに膨らませていきます。 
(文字のカードの赤枠の中に絵のカードをのせます)

こうやって、OHカードは様々なイメージや言葉を自分の中から引き出します。
カードとの対話の中で、テーマに対する理解が得られた、と感じるまで、
絵のカードと文字のカードを交互に引き、
テーマを掘り下げて行きます。


一番不思議だったのが、
自分の決めた内容に対して、ある種の理解(気づき)が生まれると、
カードもちゃんと終わることでした。

例えば、
絵のカードが『羊を柵から出し、放牧する』もので、
文字のカードが、『解放』と書かれていたり、

『青信号』の絵のカードに
『手放す』の文字のカード。

そして、自分の中で理解(気づき)が生まれないと、
カードはいつまでたっても、終わってくれません。

実に正直なものでした。

これが、『カード』というものに、興味と信頼を寄せ始めたきっかけです。


つづく

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2010/06/23 Wed】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop
これまでの道のり 1
ここまでの道のりを少しお話ししたいと思います。

時々、「どうしてタロット始めたんですか?」
と聞かれる時があります。

そんな時は、「心理学をベースにしたOHカードというのがあってね・・・」
という風に、以前はセラピーを少ししていた事と、
「カード」(タロットに限らず)との出会いについて話しておりました。

でも、本当は私の中で、「ちょっと違うんだけど・・・」
という思いがありました。

タロットとの出会い自体はもう10年以上前になります。
けれど、本格的に始めるまでは紆余曲折ありました。

ブログの「はじめまして」の下部に、これまで学んだこと、
そして、やっていたことを並べてみました。
たくさんの時間をこころとからだに関する事を学ぶのに費やしました。
  
つまり、若い頃にとても「悩んでいた」んです。CIMG0155.jpg
身体に症状が出たこともありました。  

そんな中で当然、
自分自身や人というものに興味を持ち、
心理学をベースとするものを
深く学ぶ機会を持つこととなりました。
その中で出会ったのが、
「バイオシンセシス」
というボディサイコセラピー。
これを5年間勉強しました。

思考優先で、人生ががんじがらめになっていた私に大きな希望と変化、
そして、なにより心の平安を与えてくれました。
チャクラでいえば、第1~第3まで、そして第4くらいまでを、
とてもしっかりワークするものになります。

様々な泣き笑い感動がそこにありました。
そして、今現在のこの世的な私を生きる実存レベルでの「生」を支えてくれています。
日々の様々な、小さな失敗はあるにしても、
“今、ここ”を生きることを受け入れる強さを与えてくれました。
人生の転機となった技法です。

けれど、どんなセラピーやヒーリングであっても、それ1つだけで、
人間の多様な、また多次元な層に対応するのは難しいように思います。
(ただ、それは私たちがまだ未熟だから、かもしれませんね)

第4チャクラからハートを広げ、人と分かち合う、
または、タロットで言うと、9番目の隠者から10番目の運命の輪へ
数字的には、1ケタから2ケタへ
「おとめ座」から木星を通し「天秤座」へ
社会性を展開していく時、
“心理学からの卒業”の時を迎えたと感じました。

つづく

*--------------------------------------------------------------*

バイオシンセシスについて

もし興味のある方があれば、
私と5年間をともに過ごした友人が行っています。
http://kokoaya.com/index.html

また、私の学んだ団体のサイトが下になります。
http://www.bodypsychotherapy.jp/index.html




テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2010/06/19 Sat】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Silver Moon (銀の月)

Author:Silver Moon (銀の月)
生きること。スピリチュアルなこと。幸せであること。なんかを、心の片隅に置きつつ暮らしています。

大阪市北区天神橋で
SessionRoom Silver Moon
を主宰しております、Machiko t.
(まちこ)の個人ブログです。

日々の事を少しずつ、
Spiritualなことも少しずつ書いてみます。



★SessionRoom Silver Moonでは、主にタロットと数秘を使用した、Spiritualな人生のサポートリーディングを提供しています。

詳細は、アメブロをご覧下さい。
http://ameblo.jp/silvermoon78gt/

★Twitter: @Silvermoon78gt
こちらでは、日々の活動報告します。当日のリーディング場所等もつぶやいてます。
Silvermoon78gtをフォローしましょう

カテゴリ

最新記事

メールフォーム

■ご予約・お問い合わせ等は      こちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

リンク

検索フォーム

■応援クリック!お願いします。

にゃんこ温度計

Book Mark !

最新コメント

openclose

■お気軽にコメント下さいね♪

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2カウンター

■ご訪問ありがとうございます。

                 現在の閲覧者数:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


| HOME |
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。